Fork me on GitHub

SalesforceClient Sample

OAuth

OAuth.java

この画面ではバックエンドでID/PasswordでログインしたSalesforceClientではなくOAuthでログインしたクライアントを使用します。

前準備

Salesforceの「設定 > 作成 > アプリケーション」の画面から新規接続アプリケーションを作成。

必要な設定は以下

  • OAuth設定の有効化をチェック
  • OAuth範囲で「データへのアクセスと管理(api)」を選択
  • コールバックURL(認可後にリダイレクトされるURL)を設定

コールバックURLはホストに「localhost」を指定する場合はhttpが使用できますが、それ以外の場合はhttpsが必須です。

OAuthプログラミング

OAuthの実行にはflectCommonにあるOAuth2クラスが利用できます。

このクラスを必要な情報を元に構築するとメソッドでログインURLや認証が行えるので便利です。

OAuthでログイン

ログインすると組織のオブジェクト一覧が取得され、選択したオブジェクトのSObjectサブクラスのソースコードを自動生成することができます。